診療内容
  • 犬(パピー)の診療
  • 犬(アダルト)の診療
  • 犬(シニア)の診療
  • 猫の診療
  • うさぎの診療
  • その他小動物
  • わんにゃんドック
  • 統合医療
  • トリミング
  • 症例紹介

年間予防スケジュール

年間予防スケジュール

予防項目について

① 混合ワクチン接種

現在、混合ワクチンは最大でワンちゃんでは8種の感染症が予防可能です。
当院では飼育環境や生活スタイルに応じて、6種もしくは8種の混合ワクチンを選んで接種を行っています。必ず毎年1回の接種を行いましょう。

② 狂犬病予防接種

狂犬病に感染して発症すれば、ほぼ100%死亡します。生後91日後のワンちゃんは、市区町村への「登録」と年1回の「狂犬病予防接種」が法律で義務づけられています。

③ フィラリア予防

フィラリアは蚊が媒介する白いそうめんのような虫で、蚊から体内に侵入し、やがて心臓に寄生して、呼吸困難や心不全を起こし、死に至る病気です。
座間市付近では、5月~12月の毎月1回(注射の場合は年1回)の予防薬の投与で、ワンちゃんの体内に侵入したフィラリアの幼虫を皮膚にいるうちに駆除することができます。予防薬には錠剤、おやつタイプ、スポット剤、注射といったタイプがございます。

④ ノミ・マダニ予防

ワンちゃんにノミ・マダニが感染すると、皮膚炎やアレルギーを引き起こすだけではなく、犬の「バベシア症」などの血液病を引き起こす恐れがあります。また人の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の原因となるウイルスをマダニは媒介し、死亡報告が相次いでいます。ワンちゃんの場合、スポット剤や錠剤などで予防ができます。詳しくはお気軽にお問合わせください。

⑤ 健康診断

年間1~2回の健康診断を受けましょう。
血液検査・超音波検査・レントゲン検査・便検査・尿検査などご相談ください。
歯石のチェックや関節のチェックなども行います。
わんにゃんドックもお勧めです。
→詳しくはこちら(わんにゃんドック)

3~5歳までのワンちゃん

この時期のワンちゃんは元気いっぱいな時期でもあります。
この時期に気を付けていただきたいことは、「病気になりにくい習慣作り」です。この時期の習慣が老後の健康管理に関係してきます。この時期からしっかりと健康管理を行いましょう。

5~7歳までのワンちゃん

この時期に気を付けていただきたいことは、「シニア期に向けた健康維持」です。
7歳以上になるとワンちゃんはシニア期に入ります。
シニア期に入った時に慌てて治療を始めるようなことにならないように、将来を見据えた健康管理を行いましょう。

デンタルケアについて

デンタルケア製品のコーナー3歳以上のワンちゃんの70%以上が歯周病といわれています。
歯周病は口の中の病気や口臭のトラブルを起こすだけではなく、心臓病や腎臓病などの内臓疾患の原因にもなり寿命にも影響を与えることがあります。
当院では、歯科検診をはじめ、その子にあったデンタルケアの提案・指導、麻酔下での歯石除去処置(スケーリング)などを行っています。
待合室にはデンタルケア製品のコーナーもございます。お気軽にご相談ください。

白内障やドライアイなどの眼病について

アダルトの眼科検査5-6歳頃になると眼の病気もしばしばみられるようになります。
水晶体が白く濁る白内障や、涙液が減少するドライアイなどの眼病は悪化すると、角膜潰瘍やぶどう膜炎を起こし、緑内障に移行し失明してしまう恐れもあります。
当院では、涙液量の検査やスリットランプ検査(眼の前面~水晶体の状態をチェックします)、眼圧測定(緑内障の検査)などの眼科検査を行っています。
若い時期からの眼のチェックはとても大切です。